• 話題沸騰!車買取、そして「リサイクル料」とのことだけどどうなんでしょう

    車を売却するときの段取りといえば下取りと買取りの両方が一般的です。下取のケースというのは次の愛車を入手すると同時に今までの所有車を引き受けて頂くというものです。たいがいは新車販売店が買取を行うため売却額はどちらかというと低価格になるケースが多いです。

    一方、買取りのケースは愛車買い取り専門店がやっており、中古の車という名目で店頭に出すことを前提に引き受けの値段を決めるので、どっちかというと高プライスでの買取が期待できるでしょう。どちらにしても中古車を売却する事であり、引き受けてもらう前に引取り金額を決めるための査定がおこなわれます。

    値踏みをして頂く時に気に掛かるのはリサイクル料です。中古車値踏みで出されるプライスとしてはその自動車それ自体の額、ユースドカーについてくるリサイクル料や自賠責保険等入れた額の二種類がございます。リサイクル料に関しては中古車を入手した際、または「リサイクル料」が未払いのときには車検を通した時に支払いとなりますので、将来、自分のくるまのを廃車として壊してしまう場合に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルする為のコストという名目で使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体するケースでJARSから支払されることとなります。

    代金は、軽自動車であれば8千円ほど、国産車の場合で1万円くらい、外国の車等であれば1万5千円ほど、そのほかで20000円ほどを入金する必要がございます。大体のくるま引取りであれば、こうしたリサイクルの代金を車の引受額とは別ということで引取りされるということとなるんですが、リサイクル代金を含んで買い取り価格となっている場合も有り、引き取りを依頼する際には前もって確認しておくことが大切な事となります。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。