• 話題の車買取と下取について調べてみた

    自家用車を売却する場合における方法は買取りや下取りという手順がございます。下取りに関しては、次の自家用車を手に入れた場合には、これ迄の自分のくるまを買い取って頂くというものです。そのクルマが走ることができるくるまだったらプライスがつきますが、度を超えて古すぎる車であった場合ですと逆に処分の為の費用を必要とされる場合もなくはないでしょう。

    下取の場合は専門業者が買い取りをする訳じゃないので、望むような値段での引受けは厳しいでしょうけど、次のクルマと交換する形で乗り換えができるいい面があります。逆に買い取りはというと、専門で行っているユースドカー買い取りの専業店にお願いして買取ってもらうといったものです。その手続きが難しいといったよくない点も有るわけですが、買い取りをされた自分のくるまはユーズドカーとして出回るのがもともと決まっていますから、わりと希望するような価格での買取りが期待できるでしょう。

    下取、買取どちらのケースでも譲渡の際は色々な書類を用意することが求められます。必要なものの中には車検証とくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券というものです。他にも実印や印鑑証明、住民票等も必要です。

    売渡の際は譲渡証明書や委任状等も使用するかと思いますが、これらは買い取りの専業店にて用意してくれると思います。譲渡を望んでいるこちら側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。見積もり時もこれらをチェックされるので、失くしたときにはまた発行していただく事になります。

    たとえ無くしたとしても審査だけをして頂くことは出来ますが、その場ですぐの買い取りは行えないため審査の金額に悪影響が出る可能性があります。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。