• 使用ずみの車を処分するときの段取りに関わることを、このページでちゃんと確認していきましょう

    使った車を売りはらうさいの手順というと買い取りと下取りのどちらかがございます。下取りの場合はおニューのマイカーを手に入れる際一緒に今までお乗りの使用していた自動車を引き受けて頂くというものです。主にはディーラーが買取をすることになるため値段はわりと低価格になりがちです。

    一方で買取りのケースはクルマ買取り専門の業者がするもので、使用していた自動車という名目で販売する事を予定して買上の値段を決めるため、どちらかというと高値での買い取りが望めます。何れにしても使用した自動車を買い上げてもらうことであり、売却をする前に買受けプライスを決定するための値踏みがされるわけです。

    評定をおこなうとして気に掛かるのはリサイクル料となります。使った車の品さだめで出してもらう金額としてはその自家用車そのものの値段、クルマに附随する自賠責保険やリサイクル料などを含めたプライスの二つの種類がございます。リサイクル料に関しては使用した自動車を買ったさい、又はリサイクル料が未払いだった場合ですと車検を通した場合に支払いになりますので、この先u-carを廃車にして解体する場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするための料金となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう際にJARSから支払されるということとなります。

    費用はおおよそ、軽だと8千円くらい、国産車で1万円くらい、外国製自動車等で15000円くらい、それ以外で2万円程度をいれる必要があったりします。大抵の不要車買上だと、そうしたリサイクル料を使用済みの車の買取り値段とは別で引き受けされるというような事となるんですが、リサイクル料金を含んで買い取り金額だというケースも有り、引受けをお願いする時にまえもって確認しておくことが要されます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。