• 使用ずみの車の買い取りの額に修理の跡というものはどのくらい関係してくるかチェックしましょう

    u-car買取りをお願いした時は、まず最初に品定めを受けることになります。見立てに関しては買い取りの専業店の担当者がすることになり、オークションマーケットの金額等から値段が出されるといったこととなります。

    大概、マイカーのとして売り出されている値段の20~30%くらいが査定額と言われているようですが、人気のあるクルマであったり、希少価値のある車であるなどのときには想定外の高い見積額が出るといった時もあります。ほかにも、製造年は新しい方がもちろん高い金額となります。一方、こうした買取の値段は使用済みの自動車がちゃんとした状態の場合であり、パーフェクトじゃない場合には低く査定されます。なかでも事故車といったものは見積価格に相当響きます。

    修復歴とは言っても定義はあいまいですが、基本的に車両の本体であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を起こしてしまった車は事故車という事となります。こういった修復歴のあるクルマは将来においてなにかしらの被害が出てくるリスクが存在しますので、買取の値段に於いては悪材料となるのです。一方で、フレームの部分まで影響しておらず、外見をリペアしたくらいであれば大丈夫なのですが、それでも事故歴が付くことになります。

    当然修理歴が付く訳ですからマイナスの影響が被りますが、事故車に比べて安く見積もられることはないでしょう。ほかにも、エンジン等に不具合が起こっているケースもマイナスという事で見られますし、いつもの手入れの良し悪しが見積に影響してきます。

    この辺は私たちにはわからないところですが、診断をする専業ショップとしてはきっちりそのあたりも見逃さない筈です。

    どちらにせよ修理歴がないことがお車見積もりが上昇できるかどうかのポイントとなってきます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。