• 使用していた自動車を処分するさいの手段の事を、このへんでちゃんと見ていきましょう

    使用した自動車を売り払うときのやり方というと下取と買取のどちらかが一般的です。下取のケースはおニューの所有車を手に入れる際にいままでお乗りの使用した自動車を買上して頂くというものです。殆ど販売店が買い取りをするので価格のほうはどっちかといえば低目になるケースが多いです。

    逆に買取りのケースは車買取り専門の業者が行っており、u-carという名目で店頭に並べることを前提に引き受けの価格を決めるため、やや高値での買受が望めます。いずれにしろ中古の車を買取してもらうことであり、売り払う前に引き取りプライスを決めるための品評が行われます。

    格付けをしてもらう時に気に掛かるのがリサイクル料です。古い自動車の格づけで出してもらう金額としてはクルマそれ自体の額、お車に附随するリサイクル料とか自賠責保険といったものを含めた額の二つの種類が存在します。リサイクル料についてはその使用済みの車を購入したさい、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった時には車検の場合支払いとなりますので、のちにクルマを廃車として解体処分する時必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする為の費用という名目で使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する時JARSから払われることになります。

    料金は大体、軽で8000円ほど、国産車の場合で1万円程、外国製自動車とかで1万5千円ほど、そのほかで20000円程を入れる必要性が御座います。たいがいのユースドカー買上げでは、そうした「リサイクル料」をマイカーの引き上げプライスとは別で引き受けされるという事となるわけですが、リサイクルの代金を含めて見積もり値段であるという場合も有り、買取を頼む場合あらかじめ確認しておくのが大切なこととなります。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。