• 使った車の買い受けの値段に修復の跡などはどう関係してくるのでしょうか

    中古の車の買取りに関してお願いしたときには、初めに値踏みを受ける事となります。その時の審査についてはお店のの査定担当者がおこない、自動車マーケットの金額などから算出されるといったものです。

    たいがい使用済みの車のとして販売されている価格の2、3割程度が売値とされていますが、評判の車種であったり、稀少車種である等のときには予想以上の高い見積金額が付く時もあります。それと、年式が新しい方が当然高値が付きます。他方、そのような買取金額は中古自動車がパーフェクトな状態の場合であり、万全ではない場合には低く見積もられます。中でも修理歴というのは買取プライスに大きく響いてきます。

    事故車といっても定義は曖昧ですが、とりあえずお車の骨格であるフレームの部分までダメになるようなアクシデントを起こした車は事故車となってしまいます。こういった事故車はいつか何かマイナスの影響が現れる危険があるため、買取の値段に於いてはマイナスになります。とはいってもフレームの方には問題がなく、ボディを修繕した位だったら大丈夫なのですが、それでも修理歴は付いてしまいます。

    当然修理歴としては付く訳ですからデメリットの害は有りますが、事故車よりも安い査定となることは無いでしょう。ほかにも、エンジン等に面倒が発生している時もマイナスとして鑑定されますし、普段の維持管理の状況が見積もりに影響してきます。

    そういったところはシロウトにはちんぷんかんぷんですが、審査額をしている専門業者としてはキッチリその辺りも見逃さない筈です。

    どちらのケースでも直した痕跡が無いという事が自動車買取プライスに於いてはアップできるかどうかの最低条件となります。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。