• 使った自動車を売りはらう時の進め方の事を、ここでしっかりと確認していきましょう

    古い車を売り渡す場合の仕方としては下取と買取の2つがありますよね。下取りのケースは新しい中古車を手に入れる時、前の中古自動車を買取していただくというものです。大体は新車の取扱店が買取りを行うので金額としてはどっちかといえば低目に見られることが多いです。

    一方、買取りのケースはくるま買い取り専門ショップがするもので、使用ずみの自動車という名目で売ることを予定に買い受け額を決定するため、割合高額の買上げが望めます。いずれにしてもユーズドカーを引き上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に引き受け額を決めるための見立てが実施されます。

    品評をして貰うさいに気になるのがリサイクル料です。使った車の審査で出される金額としてはマイカーそのものの値段、自分の車のに附随する自賠責保険やリサイクル料などなど入れたプライスの二つの種類があります。リサイクル料についてはその中古自動車を買った際、又は「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を受けた時に支払われるもので、将来、使っていた車を廃車にして解体する場合に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルするさいの料金となって使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する際にJARSから払われるということとなります。

    その時の費用は大体、軽自動車で8000円程、普通車の場合10000円位、外国製自動車の場合1.5万円位、それ以外で2万円位を入れる必要があったりもします。大体の自動車買い取りでは、こうしたリサイクル料金をマイカーの買上げ金額とは別ということで引受されるというようなこととなるんですが、リサイクルの料金を含んで評定額であるというケースも有り、見積もりをお願いする場合にまえもってチェックしておくのが大切です。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。