• 今日は中古車の売買について調べてみた

    車の買取となるとまず先に見積もり査定をしてもらいます。そのモデルと年代で基本となる通常時の金額の全容を把握します。これと比較しもっと印象が悪いのであれば、鑑定額を減らしていくというような工程で行われていきます。

    標準状態の金額に関しては、買取のお店の方でベースとなる金額というものを保持しています。コチラについてはお店同士のみで回されているもので、その値段はその車と年代で示されています。しかしながら、この数字はあくまで標準的な数字であり、それ以上でも以下でもないものです。プラスして、その金額よりも高い金額で買取を行ったりあるいは安く売る羽目になったりする可能性も当然ながら無くはないです。

    業者側としてみれば出来る限り安く買い取りたいので、お店にもよりますが基礎的な買い取りの価格を出したうえで、更に安値の方へと行こうとしてきます。こちらの気持ちとしてはわずかでも高プライスで手放したいので、このケースでは強引に話を進めるのが吉です。はたまた、買い取りについてのプライスが折り合わなかった場合などは保留とし、そちらで話を止めておきます。その上で他の買取専業店とやり取り行うわけです。

    ここでもし額面的にさらに高値となって満足がいったなら、最初の買取店との商談は物別れに終わっても気にしなくて良いです。結局、売ろうとしている側が納得がいくように話を進めていけばOKなのです。絶対に気を付けてほしいのは、拙速に売却金額を決めてしまって、後から後悔をすることです。プライスはとにかく強気に交渉した方が失敗しないと思います。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。