• 今回は車買取と下取の感想、所感

    所有車を売るケースにおいての方法には買取りや下取りなどの種類が有ります。下取は次のくるまをゲットしたと同時に、それまで乗っていたお車を引き取っていただけるものです。その時点で走行が差し障りない状態であればプライスが付きますが、古すぎた場合ですと反対に処分のコストを要求されることも考えられます。

    下取してもらう場合は専門店が買取りするという事ではない訳ですから、高値での引受けは厳しいかと思いますが、おニューのお車と入れ違いで乗り換えすることが可能というメリットがあります。その一方買い取りは、それ専門の中古自動車買い取りの専業店に頼んで引受けしていただくといったものです。やり取りが難しいなどの短所も有るわけですが、引受けされた自分のくるまは中古車となって市場で取引されることが元々前提ですので、割と希望金額での売渡が期待できるでしょう。

    買取りにしても下取りにしても契約のさいにはいろいろと書類をあらかじめ用意しておくことが求められます。必要なものの中には自動車検査証と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。ほかに印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

    売渡のときには委任状や譲渡証明書も必要書類になりますが、そのへんは買い取りの専門店にて用意してくれるでしょう。引受けをお願いする方としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票更に印鑑証明書が用意すべきものになります。鑑定の際もこれらに関してはチェックが入るため、紛失のときにはもう一度発行していただく事となります。

    万一無くした場合でも鑑定それ自体は受けることが出来ますが、その場ですぐの売渡はおこなえないので見積額に悪い影響が出たりします。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。