• 今回はローンが残っている車の売却について

    くるま買い取り専門店に鑑定を依頼したはいいけど、ローンを払いきっていないという事も考えられます。そうした際は、売却しようとするお車の所有権がご自身であるのか、別の人であるのかどうか始めに見ておくことが必要です。

    ホントのところ、所有者についてどの辺を見ると良いのかというと、自動車検査証に記載のあるお名前の方が自動車の権利者という事であります。

    車を買うタイミングで銀行等が提供する自動車ローンを組んだ場合だと、この「自動車検査証」に記載のあるお名前が自分自身の氏名になってるはずですが、ローンを設定されたのが信販会社であるケースでは氏名が信販会社の記載となる筈です。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこんな風に信販系の会社を持ち主として記載するのかというと、その答えは毎月の支払いが滞ったりしたら、即お車を担保という形で確保することを考えているからです。

    こんな理由で持ち主名義がローン会社となっている時にはそちらの自動車を好きなように売ってしまう事は出来ません。どうあれ売りたいならまずは支払いを残らず支払するか支払いローンの組み替えをしてオーナーをあなたの名前に変えた上で売却をする必要性が出てきます。そうはいっても実際にこうした事が出来るのは今お手持ちの現金が豊富にある時に限定されます。だったら現金が無い場合はどのようにするのがよろしいのでしょうか。

    そうした場合は、買取査定をおこなってくださったくるま買取店に相談すると、愛車の買取価格から残債分を返済し、所有者をあなたの姓名に変更して頂くことが出来るという訳です。手続きに関しても全てを買い取り専門店にお任せできるので心配いりません。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。