• 今回はクルマを売る時の査定のことを考えてみた

    中古自動車の買取では、まず最初に中古車査定をします。そのモデルと年式で、基準となる標準状態の値段の目安をつかんでおきます。これに比べさらにコンディションが悪いのであれば、査定金額を減らしていくなどの流れで処理を行っていくことでしょう。

    通常時のプライスについては中古車ショップの方で目安のデータを持っています。コチラに関しては業者間でのみ流通しているもので、その値段はそのモデルと何年式かによって書かれているのです。しかしながら、あくまでこの額面は基準の数値であり、それ以上でも以下でも無いといえます。加えて、そのプライスよりも高い金額で買取して頂けたり、あるいは安い値段で買いたたかれたりする事だって当たり前ですがあるわけです。

    業者側としてみれば出来る限り低価格で買い取りたいので、ショップにもよりますがベーシックな買い受けできる額を差し出したうえで、もっと安い方向へと行こうとしてきます。売る方としてはわずかでも高い金額で手放したいので、この場合は強引に攻めていくのがキーポイントとなります。あるいは、売却に関しての見積が折り合わなかった場合などは繰り延べし、そちらで話を止めておきます。その上でまた別の買取専業店と商談をやっていくのです。

    そこで仮に金額がさらに高値となって納得がいけば、前の業者とのネゴシエーションは物別れに終わっても特に問題ないです。即ち、売る側が不満がないように話し合いを進めていけばいいという事なのです。どうしても回避したい状況は、急ぎ足でプライスを決めてしまって、後で悔やむことです。売却額は徹底的に強気で話をした方が後で悔やまないでしょう。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。