• ユーズドカー買取りプライスに事故歴とはどう関係してくるのか見ていきましょう

    使っていた車の引取りを希望した際には、最初に審査を受ける事となります。その場合の審査については買取専業店の方がするわけですが、くるまマーケットの値段等から算出されるというわけです。

    一般的に使っていた自動車のとして販売されているプライスの2~3割ほどが買取プライスとされているようですが、人気のクルマだったり、珍しいくるまでしたり等の場合には高い査定が出るケースもあるのです。それ以外にも、年式は新しければ新しいほど高額となります。他方、そういった買取り価格は使っていた自動車がちゃんとした状態の場合であり、万全じゃない時だと低い査定となります。なかでも特に修理の跡などになると買取プライスに大きく影響してきます。

    事故歴とは言っても定義が微妙ですが、基本的にクルマの骨組みであるフレームの部分までダメになるような事故を起こしたクルマは事故車として扱われます。この修復歴のあるクルマはあとから何らかの悪い影響が出現するという危険性が有りますので、買取の値段に関しては短所になってしまいます。ですが、フレームの部分にまで影響しておらず、外側を修復した程度なら大丈夫なのですが、それでも事故歴は付くことになります。

    モチロン修復歴は付くのでデメリットの影響は有りますが、事故車に比べて低い見積となることは考えられません。それと、変速機やエンジンなどに不具合が出ている場合もマイナスとして鑑定されますし、日頃からのメンテナンスの良し悪しが査定に影響してきます。

    そのような部分は素人には分からない部分ですが、見たてを行っている店舗の方ではしっかりとそのあたりも見てくる筈です。

    どちらの場合でも修復歴はないことがお車見積もりをアップできるか否かの分かれ目となってきます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。