• ほら、中古車売買のこと

    マイカーの買い受けの際はまず先に見積もり査定をしてもらいます。その車といつのものかによって基準となる通常時のプライスの全容を把握します。

    これと比較し更に印象が悪かったら、査定金額を減らすなどといった流れでやられていきます。

    通常時の値段のことについては買取業者側で目安の金額というものを保管しています。これは業者同士だけで確認されるもので、その額面はその型式や年式によって書かれているのです。ではありますが、この数字はあくまで基本的な数字であって、その他の意味あいはないのです。その上、そのプライスよりも高値で買取して頂けたり、または安く売る羽目になったりすることすら間違いなく出てくるのです。

    お店の立場としては可能な限り安く買取したいわけで、買取店にもよりますが基本的な買い取りの価格を指し示した上で、それ以上に安値の方へと話を振ろうとしてきます。売り手側としてはいくらかでもいい条件で手放したいので、このケースではイッキに話を進めるのがいいと思います。あるいは、買い取りについての額面が解決できなかったケースであれば見送りし、そこで話を中断しておきます。そうしてからよその買取業者と交渉を行うわけです。

    ここで仮に値段がより高値が付いてうなずけるものだったら、最初の買取店との交渉は終了となっても気にしなくて良いです。つまり、売る側が満足できるようにやり取りを進めていけばイイって訳です。

    何をおいてもしてほしくないのは、あわただしく売値を結論付けてしまい、あとから悔やむことです。値段についてはあくまで強気にいった方が後悔しないでしょう。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。