• ほら、中古車を売る時の残債について思うこと

    お車買い取りのお店に値踏みを頼んだものの、支払いを払いきれていないケースもあるでしょう。そうした時は、買い取って欲しい自動車の所有が自分自身なのか誰かほかの人であるのかを何はともあれ見ておく必要性があるのです。

    実際に、所有者についてなにを確認したら良いのかというと、自動車検査証に載っている名前が車の所有者という訳です。

    マイカーを購入する時に銀行系のローンを組んだ場合は、この自動車検査証に書かれている氏名がご自身のお名前になっている訳ですが、ローン支払いを組んだのが信販会社である場合はお名前がその信販会社の名前となっています。信販会社でローンを組む場合に何故このように信販系の会社を所有者として記載するのかというと、その理由は支払いが滞った時に、すぐに自動車を差し押さえして確保することを考えているからです。

    そういった事情により所有権がローン会社となっている際はそちらのお車を好き勝手に売却はできないのです。それでも売り払いたいならまずは返済をすべて返済するかローンの組み替えをして所有権を貴方の氏名に変更してから手続きすることが必要です。そうはいっても現実にそうした事が可能なのはその時点で持っている現金がたくさんある場合に限られてしまいます。それでは資産がない時はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

    そうした時には評価をやってくださったくるま買取店に相談すれば、自動車の売却の金額から残った支払い分を完済し、所有権者をアナタの名前に変えて貰うことが出来ます。手続きも全部買い取りのお店にオマカセ可能ですから大丈夫です。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。