• ついにきた、日本自動車査定協会の取組のいろいろ

    マイカーの買い取りや下取りの時には、間違いなく査定をしてもらう事でしょう。査定イコール、お客様から下取りや買取する際にきっちりした評定を下すための作業であり、その為には多くの人から容認され、さらに受け入れられたやり方でなければ良くないのです。ただし、消費者側からすると、査定がどんな具合に実施されているのかちゃんとは確認できてなかったり、適正な段取りで調査されているのかはなかなか確認することが難しいものです。しかしながら審査というものは愛車のバリューを決める重要なプロセスである為、やり方や考えに様々なものがあると世間のパニックの理由にもなる可能性があります。

    このようなパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

    「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、厳正な鑑定が拡大するように活動している機関のことで、ユーザーが安堵して値踏みに出せて、更に満足のいく結果になるような制度作りの務めをしています。

    実際の活動内容としては、例を出すとちゃんとした査定士を育てるために検定を行っており、査定協会が行っている学科と技法の研修を受け、それから「査定士技能検定試験」にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、きちんとした心得や規律をもってユーザーのくるまの鑑定をしていきます。つまり適正な査定を出すための資格を保有する方が評定を実施しますので、私たちも悩まずに下取または買取に車を出すことが可能となるのです。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。