• ついでに中古車とオークションについて

    車を売る段取りは、一昔前まではディーラーの下取、または中古車販売業者に対する売却がありました。新しい車を購入する販売店に下取を頼み、次の車を手に入れるユーザーが昔は結構いたのですが、今はそちらをセレクトするって人はあまりいません。下取りが、最も安値となりやすいことが広く知られてしまったことと、Auctionに参加するという目新しいやり方が知られるようになって来たからです。

    ユースドカーだけのAuctionがあり、古い車販売店やディーラー等もそうした所で売買をしているのです。普通ですと入ることが出来ないものですが、代行業者を利用することで、普通の方であっても所有する車をオークションを利用して売却というのが可能となっております。もう一方のやり方であるユースドカー専門のお店への譲渡では、第一にマイカーを査定してもらい、納得のいく買取金額を示されたなら交渉が成立というわけです。

    中古車専門店は、こうやって入手したクルマをキレイにチューンアップして自社で陳列したり、競りに出品したりします。どんな方式を選択するかは自由ですが、どれを目的にするかによって、ベストな方法は変わります。とにかくチョットでも高値で引き取って欲しい、だというのであるのなら、Auctionの代行専門業者に頼むのが最も高額で売れる事が可能かと思われます。とはいえ心配せず売却したい、信用のおけるショップに引き渡して、愛情をもって使ってくれる人に売って貰いたいということであれば、下取や中古自動車の販売会社の方が適しています。

    代行の方に頼んだら、売れない限りはメンテの代金を考えなくてはいけませんので、販売に時間が必要となると必要経費が割高となる危険性をはらんでいます。ユースドカー専門ショップなら次の所有者が出てくる前にキャッシュを受け取ることが可能であるというプラス部分が存在します。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。