• そうれ!クルマ売却とオークションについて調べてみた

    くるまを手放す方法は、少し前までは販売店の引き取りと、中古車ショップへの売る手続きが方法として取られていました。新しい車を購入する自動車販売会社に下取りしてもらって、欲しい車を手に入れるお客様がそれまでは結構いたのですが、ここ1~2年そちらをチョイスするお客さんは少ないです。下取だと、比べてみると安値となりやすいことが周知されてしまったことと「オークション」に行くといった目新しい方式が知れ渡り始めたからです。

    ユースドカーのみのオークションというものがあり、ユースドカーの販売業者やその他販売会社もそういった場所でゲットするのです。普通ですと加わることが不可能ですが、代行のお店を利用し、一般の人がご自身の車をAuctionで売る手続きが不可能ではなくなりました。で、もう1つの方法である古い車専門ショップへの売却手続きとしては、とりあえず車を見積してもらい、望んだ買取額を提示されれば契約が成立という流れです。

    古い車の専門ショップは、そのように入手したクルマをキレイに手入れして、お店で売却したり、Auctionに出してみたりします。どういった手段をチョイスするかは自由ですが、何れを目的にするかによって、適する方法は異なります。もう兎に角少しでも高い価格で売りたい、ということであったら、Auction代行の業者にお願いするのが最も高い価格で引き渡しできる可能性があります。なのですが心配することなく販売したい、信用できる業者に売って、大事に使用してくれる人に販売してもらいたいという事だったら、新車販売店やユーズドカーの販売会社の方が安心かと思います。

    代行の方に依頼した場合、販売されるまで保管代金を考慮しなくてはならないので、売るのに時間が必要となると手数料が大変になるリスクがあります。中古車販売店なら次のユーザーが出てくる前に現金をもらうことが出来るメリットがございます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。