• そうれ!「ローンが残っている車の売却」の感想、所感

    マイカーの買取専業店に評定をして頂いたのはいいけど、ローンが払いきれていないということも無くはないでしょう。そうした場合は、売り払いたい自動車の権利がご自身であるのか、誰か別な方なのかどうか何はともあれ見ておくことが求められます。

    ホントのところ、持ち主についてはどの部分を見れば良いのかというと、車検証に載っている氏名がお車の所有者となります。

    くるまを購入するタイミングで銀行等が提供する自動車ローンを設定した時には、この「車検証」に載っているお名前が自分自身の名前になってるはずですが、ローン支払いを組まれたのが信販会社であった際は氏名が信販会社の記載となっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合どうしてこんな風に信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、それは月賦が滞納されたときに、速攻で車を差し押さえして確保できるようにするためです。

    こんな理由によって所有名義がクレジット会社にある場合はその自動車を好きなように売却することは出来ないのです。それであっても手放したいならまずは残債をすべて終わりにするか割賦契約の組み替えをすることで所有権を自分の名前に変更した上で売ることが必要です。とはいっても現実問題そんな手続きができるのは現在持っているキャッシュがたくさんある時に限られてしまいます。であるならば、資産が不足している方はどうしたら良いのでしょうか。

    そのような際は見積もりをおこなって下さった中古車買取ショップにご相談いただけると、所有車の売却額から残った支払い分を返済し、所有権をご自身の姓名に変更してもらうことができるという訳です。手続きの方も全てにおいて買取ショップにオマカセできますから安心です。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。