• これは・・・車買取査定方法

    所有車引取りをお願いしたときは、最初に審査を受ける事となります。その時の鑑定に関しては買い取りの専業店の方が行うわけですが、車マーケットの相場等から値段がはじき出されるものとなります。

    だいたい古いくるまということで販売されている金額の2~3割程が買取額となっていますが、人気の車種であったり、稀少車種等の時には高い買取額がでるといったケースもあるでしょう。他にも、年式が新しい方がやっぱり高く売却できます。一方でそうした買取額は愛車が万全な状態の時であって、完全ではない時には低い鑑定となります。その中でも事故の跡などは買取額に大きく影響してきます。

    事故歴とは言っても定義が微妙ですが、とりあえず自動車の骨格であるフレームの部分にまで駄目になっているようなアクシデントを経験したクルマはこれに当てはまります。そうした修復歴のあるクルマはいつかなにか悪影響が出るというリスクがあるため、査定に関しては短所にされてしまいます。他方、フレームの方にまで影響がなく、外見を直したくらいだったらならないのですが、ですが事故歴がつくことになります。

    もちろん修復歴が付く訳ですからマイナスの被害は有るのですが、事故車に比べて低い見積となることは無いです。その他、エンジンや変速機などにトラブルが出ている際にもマイナスとして審査されますし、日頃からの点検整備の良し悪しが買取額に関係してきます。

    その辺りは素人には見分けはつかないのですが、鑑定をおこなっている買い取りの専業店はしっかりそのあたりもチェックしてきます。

    いずれにしても修復歴は存在しないことが古くなった車の買取プライスを上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。