• これは・・・車見積りと必要書類

    自動車を売り払いたいケースでの方法には下取や買取などの手続きが有ります。下取は次の自分の車を入手したと一緒に、これまでの愛車を買取りしてくれるものです。こちらは運転が可能なくるまであるならば買値が付くのですが、度を超えて古すぎるものであった場合には反対に廃車にするためのコストを要求される時もあるでしょう。

    下取は専門業者が行うという事ではないので、望んだ金額での引受けは難しいでしょうけど、新しいクルマと取り替えるような感じで乗り換えが可能であるといったいい面があります。もう一つの買い取りは、それ専門の中古車買取専業店に頼んで買取って頂くといったものです。手続きがややこしいといった短所もあるわけですが、引き受けられた自分のくるまは中古自動車として市場に出回ることがもとから決定事項ですので、思った以上に望むような価格での引取りが望めるでしょう。

    下取であっても買取であっても引き渡す際にはいろいろ書類をあらかじめ用意しておく必要があります。必要書類の種類には自動車検査証や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。ほかに実印や印鑑証明、住民票等も必要です。

    買い取りの際は譲渡証明や委任状等も使うかと思いますが、それらについては買い取りの専業店で用意してくれると思います。買取りを依頼するこちら側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票更に印鑑証明書を用意しておきましょう。審査の際もこれらに関してはチェックが入るので、紛失の場合には再度発行する必要があります。

    もし失くした場合でも鑑定そのものはして頂くことはオーケーですが、その場で買取は出来ないため査定金額に良くない影響が出ることになるでしょう。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。