• これは・・・中古車査定と事故車の感想、所感

    古い自分のクルマの買い取りをお願いした場合には、最初に値踏みを受ける事となります。その時の審査については買い取り専門店の査定士おこない、自動車市場の金額などから算出されることとなります。

    普通は古いクルマとして販売されている額の20~30%程が査定額と言われているようですが、人気のあるくるまであったり、希少価値のある車だったりする場合には高い見積金額がつく場合もあるようです。その他、年式は新しい方が高く売れます。一方でそうした見積価格はそのお車が万全な状態のケースであり、パーフェクトではないときは低い査定となります。なかでも事故歴などは買取の値段に相当影響してきます。

    修理歴といっても定義は曖昧ですが、基本的にお車の基礎となるフレームの部分までダメになるような事故をしてしまった車は事故車という事になります。このような修復歴のある車はそのうちなにか悪影響が出てくるかもしれないという危うさがあるので、買取プライスに於いては短所になるのです。ですが、フレームの方には影響が及ばず、ボディを修繕した程度であれば無問題ですが、しかし修復歴はついてしまいます。

    モチロン修理歴としては付くのでデメリットの害は有るものですが、事故車より低い査定となることはございません。そのほか、エンジン等に問題が起こっている際もマイナスに審査されますし、常日頃の維持管理の状況が買取プライスに関わってきます。

    この辺りはトーシロにはわからないところですが、鑑定を行っている買い取りの専門店の方ではシッカリと状況を確認してくるでしょう。

    どちらにしても修復歴が無いことがユースドカー見積が上昇させることができるか否かの条件となってきます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。