• これが車買取、そしてリサイクル料のことを考えてみた

    自分のくるまのを処分する時の仕方というと買い取りと下取りの2つがございます。下取りの場合は次の自分の車のを購入する代わりに前の中古車を買取して頂くというものです。主に新車のディーラーが引取りをすることになるため価格のほうは割と低目に見られる場合が多いです。

    もう一方の買い取りの方はくるま買取り専門の業者がおこなっているもので、ユーズドカーとして販売することを予定して引き取り額を決めるので、どっちかといえば高額な買取が望めます。何れにしても自動車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引受け金額を決定するための査定がされることとなります。

    値踏みをおこなう場合に気になるのはリサイクル料となります。自家用車審査で提示されるプライスとしてはそのクルマ本体の額、自分のくるまのに付いてくるリサイクル料や自賠責保険等々入れた価格の二つの種類があります。リサイクル料はくるまを入手した場合、又はリサイクル料が未払いのケースでは車検を受けた時に支払いになりますので、後にユースドカーを廃車にして解体処分する時に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルするときの料金として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、壊してしまう時JARSから払われることとなります。

    料金は、軽なら8千円くらい、国産車の場合で1万円くらい、外国製自動車等であれば15000円くらい、それとは別に2万円程度を入金する必要が御座います。たいていの自家用車買取の場合、そうしたリサイクルの代金を自家用車の引受けプライスとは別で買い取りされるという事になるんですが、リサイクルの代金をいれて引き取りプライスとしている場合も有り、見積もりを希望という時には事前にチェックしておくのが大切な事となります。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。