• これが車査定と修復歴とのことだけどどうなんでしょう

    くるま譲渡をお願いした時には、一番初めに見積もりを受ける事になります。その鑑定は買取専門ショップの担当者が行うわけですが、ユーズドカー市場の金額などから計算されるものとなります。

    一般的にユーズドカーということで売られている額の2~3割くらいが買取の金額と言われていますが、人気のあるくるまであったり、珍しい車などの時には高い買取額が付くといったケースもあるでしょう。ほかにも、製造年は新しい方がやはり高い金額となります。他方、こういった買取の値段は愛車が万全な状態のときであって、完全ではないときには低く査定されます。中でも修理歴等は見積もりに相当影響します。

    修理歴というのも定義は微妙なところですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分にまで駄目になっているような事故を起こしたくるまは事故車という事になります。このような修復歴のあるくるまはそののち何かしらの悪い影響が出るという危うさが有るので、見積に関しては短所にされてしまいます。他方、フレームの部分にまで影響しておらず、外装を修理した位だったら問題ないのですが、事故歴がつきます。

    勿論、修理歴がついてしまう訳なのでデメリットの影響は有るものですが、事故車に比べ低く値踏みされることはございません。あと、変速機やエンジンなどにアクシデントが発生している時もマイナスに査定されますし、常日頃のメンテナンスの状況がプライスに影響してきます。

    そのへんは私達には気づかない所ですが、鑑定をしている買い取りの専業店はキチンと状況を確認してきます。

    どっちにしても修復歴が無いことが中古車見積を上げることができるかどうかのポイントになります。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。