• これが中古車見積もり時の必要書類について思うこと

    お車を売るケースでの方法は下取りと買取りの手順がございます。下取りに関しては、新しい車をゲットした場合には、今迄乗っていた車を買い取っていただくというものです。そのくるまがドライブができる車だとすれば買値がつくわけですが、とてつもなく古すぎるくるまであった場合には処分の為の費用を下さいと言われることもあり得ます。

    下取に関しては、専門のお店が買取りするわけではないので、高値での引受けは厳しいかと思いますが、おニューの愛車と交換する形で乗り換えを可能といったメリットがあります。他方買取ですと、専門で行っている車買取専業店にお願いして引取りをして頂くものです。その時期がややこしいなどの短所もありますが、買い取りをされた愛車は中古自動車となって流通されるのがそもそも決定事項ですので、思っていたよりも高プライスでの買い取りが期待できます。

    買取、下取どちらのケースでも売り払う際は様々な書類をまずは準備することが必要です。どういうものかというと、車検証の原本と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券というものです。その他印鑑証明や実印、住民票といったものも必要となります。

    買い取りの際は譲渡証明書や委任状なども必要書類になりますが、そのあたりはお店の方が用意してくれるはずです。手続きを望んでいるコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票および印鑑証明書が用意すべきものになります。鑑定の時もそれらに関しては確認されるため、紛失の際は再度発行していただくこととなります。

    失くした場合でも審査自体はして貰うことはOKですが、即日買い取りはおこなえないので査定額に悪影響が出るかもしれません。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。