• これが中古車を売る時の残債について

    くるま買取店に評価をして頂いたものの、支払いを払いきれていない事もあるでしょう。そんな時は、買取りしてほしい車の持ち主が自分自身なのか別な人なのかをまずは確認する必要があります。

    ホントのところ、持ち主に関してどこを確認したらいいのかと言えば、自動車検査証に書かれている名前の方が車の所有者という事であります。

    愛車を買う時に銀行などのローンを組んだ場合は、この「車検証」に書かれている氏名がご本人のお名前となっている訳ですが、自動車ローンを設定されたのが信販系の会社だった際は氏名がその信販会社の名前になるはずです。信販会社で分割払いを組む場合なぜこんな風にクレジット会社を所有者として記載するのかというと、回答としては返済が滞納された場合に、速攻でくるまを担保として確保するためです。

    こんな事情で所有名義がローン会社にある際はそちらの自動車を勝手に売却することは出来ません。何が何でも売りたいなら返済をすべて返済するか支払いローンの組み替えをすることで所有者をご自身の氏名に変更してから手放すことが必要です。さりとて実際にそんなことができるのは今現在お手持ちのお金が豊富にある時に限定されます。だったら資産が不足しているケースではどのようにしたらよろしいのでしょうか。

    そんなケースでは見積もり査定をしてくれた自動車買い取りのお店にご相談いただけると、車の売値から残債の支払いの分を完済させ、持ち主をご自身の氏名に変更して貰うことができます。手続きもすべて買取り業者に任せることができますので問題ないです。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。