• きましたね中古車査定と事故車について思うこと

    ユーズドカー譲渡を依頼したさいは、まず最初に査定を受けることとなります。査定については買取り業者の査定士するわけですが、車市場の値段などから算出されることになります。

    大体、ユースドカーとして売りに出されているプライスの2~3割位が査定額となっていますが、定評のあるくるまであったり、珍しいくるまなどの時には高い値段がつくケースもあるみたいです。それと、製造年が新しい方が高い金額となります。他方、これらの査定額はクルマが万全な状態のケースであり、パーフェクトではない時だと低く査定されます。なかでも修復歴などは買取額に大きく響きます。

    事故の跡といっても定義は曖昧ですが、基本的には自動車の骨組みであるフレームの方にまで駄目になっているような事故を起こした車はこれに当てはまります。このような修復歴のあるくるまはいつかなにかしらの悪い影響が出現する危うさがあるため、買取額については短所にされてしまいます。その一方、フレームの部分にまで影響が無く、外見を手直しした程度ならならないのですが、ですが修復歴としては付いてしまいます。

    無論、修理歴としては付きますので負の影響はあるものですが、事故車より低い鑑定額となることはございません。ほかにも、エンジンやギアなどにトラブルが出ているケースでもマイナスという事で見積もりされますし、常日頃からの整備の状態が見積に関わってきます。

    この辺りは私達にはちんぷんかんぷんですが、値踏みをしている買い取りの専業店の方ではしっかり状態を見てくるでしょう。

    いずれにしても修理歴が無いことが古くなったくるまのプライスを上昇させることができるか否かの分かれ目となってきます。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。