• あの日本自動車査定協会の役割について思うこと

    所有車の買い取りや下取りの際には、なにはともあれ査定をすることでしょう。この査定とは、お客さんから買い取り・下取時に正当な評価を下す為の工程であり、それをするためには多くの人から容認され、加えて合意された仕方じゃないと良くないのです。とは言っても、消費者側からしますと、査定がどんな具合に実施されているのかはっきりとは認識していなかったり、適正な段取りで行われてるかどうかは結構把握することが出来ないケースがほとんどです。とはいえ、審査というものはユースドカーの価値を決定する重大なプロセスですので、考え方やその方法に色々なものがあると社会が混乱する原因にもなってしまいます。

    そういったカオスを起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

    日本自動車査定協会は、適切な鑑定が根を下ろすように機能している機関のことで、私たちが信頼して査定に出すことができ、そして納得のいく結果となる制度作りの務めをしています。

    実際の中身としては、例えばしっかりした査定士を輩出する為の検定を行っており、査定協会が行っている学科や実技の研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が付与されます。さらに査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした見識や義務でもってお客さんのクルマの鑑定をおこないます。つまりはしっかりした見積のための資格を有している方が値踏みを行いますので、私たちも安心して買い取りまたは下取に出すことが出来るというわけです。

    カテゴリー: 中古車査定

    コメント欄は現在閉じています。